トップページ > 学校案内> いじめ防止の取り組み 

外部リンク

小中学生の保護者の方へ
ジョブ・カフェ
公立高校授業料無償化の見直しについて

心の教育推進キャンペーンシンボルマーク
 

COUNTER

アクセス数 1363925

検索

このホームページは、北海道苫小牧総合経済高等学校が教育利用を目的として運営している公式ページです。
このサイトに含まれる画像・内容の転載・営業誌掲載はお断りします。
©2016 Hokkaido Tomakomai Sogokeizai High School.All rights reserved.
sorry This page is Japanese only.
 

いじめ防止の取り組み

北海道苫小牧総合経済高等学校は、「北海道いじめ防止等に関する条例」の施行にあわせ、学校の組織を挙げていじめ防止の取組を充実させることを目的に、「学校いじめ防止基本方針」を定めました。
 

いじめ防止基本方針

有為な人材形成を阻むいじめ根絶に向け、調査・指導を徹底する

※「いじめ」の定義
一定の人的関係のある児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。
 

いじめ防止に向けた基本的方策

1 教育活動のあらゆる場面を通し、「いじめの全否定」「いじめを許さない」という価値観
  を徹底し、未然防止につとめる。
2 生徒をしっかりと見つめ、いじめの兆候を見過ごすことなく、早期発見につとめる。
3 発生したいじめに対しては、学校全体で指導に当たり、必要に応じては外部の機関との
  連携を図り、解消を確認できるまで根気強く取り組む。
4 再発防止に向け、教育相談的取り組みを全校体制で推進する。
 

具体的方策

1 各種行事を活用し、いじめ防止の訴えを行う。
2 全教科科目・特別活動において、様々な視点から具体的指導を展開する。
3 「いじめ」を的確に把握する取り組みの展開。
 (1)定期的な調査(アンケート等)の実施。
 (2)ネットパトロールの定例化。
 (3)学年団主体の面談活動の活性化
 (4)特別活動における意思疎通の活性化。
 (5)養護教諭、「心の相談委員会」の積極的な活用。
4 所管分掌(生徒指導部)を中心とした組織的対応。
5 保護者との良好な関係構築を図り、情報発信の双方向化の推進。
 

組織体制

1 生徒指導部内組織
 生徒指導部長・副部長(保健主事兼務)・養護教諭による初期検証体制
2 「いじめ対策委員会」による組織的対応
 前項1に加え、学年主任、該当担任、教育相談担当教諭による協議
 (事案により、外部機関(警察・児童相談所・医療機関)にも協力要請)

< 組織的取組の展開(各職員の動き) >